歯科ニュースまとめのその他の投稿を見る

虫歯で虐待を見抜く 子どもの共通点を歯科医が指摘(テレ朝ニュース)

親による子どもへの虐待をいち早く気付くことができるのは、近所の住民や学校に加え、歯科医師です。
ネグレクトをされている子どもの歯には、ある共通点が見られます。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000158877.html

投稿を見る

追加合格者、30分連絡つかず辞退扱い 九歯大、内規を要項未記載 保護者抗議で一転(西日本新聞)

九州歯科大が2019年度の一般入試の追加合格者に電話連絡した際、30分間連絡がつかなかったことを理由に対象者の1人を辞退者扱いにしていたことが3日、関係者への取材で分かりました。

受験生の親が抗議し、その日のうちに学内で検討した結果、「受験生の不利にならないように配慮すべきだ」との結論に至り、追加合格となったようです。

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/anatoku/article/499724/

投稿を見る

【歯科医師国家試験で "不合格" になる人の特徴】

予備校講師で『歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ』でお馴染みの、Dentalkokushi先生によると、国試に落ちる人には特徴があります。

それは...

①問題文を読まない
②好発部位&好発年齢で解こうとする
③異様に細かいところを勉強し、勉強=暗記だと思っている
④多数派に乗れないのはなぜかという自己分析を全くしない

112回国試を受験される方、必読です?

http://news.oned.jp/dentalkokushi-6/

投稿を見る

これまで有効な治療法が無かった疾患の治療が可能になるなど、失われた組織を取り戻す「再生医療」が脚光を浴びています。
歯科医療も例外ではなく、特に歯周治療分野では盛んに再生医療の日常臨床への応用がされつつあります。

連載『歯周組織再生治療の今・未来』第3回では、こんにちの臨床でも応用されるGTR法がいったいどれほどの効果を有するのかを、フラップ手術と比較して検討してみました。

日本歯周病学会は「骨内欠損やⅡ度の根分岐部病変においては行うことが推奨される」が、「Ⅲ度の根分岐部病変に対しては明確なエビデンスが無く推奨されない」という立場を取っています。

GTR法、これまでとこれからの30年 | 歯周再生治療(1Dニュース)
http://news.oned.jp/perio-regenerative3/

投稿を見る

歯科医療の素材業界では「マテリアル(素材)」をサービスとセットで売る「MaaS」が動き出しつつあり、『モノ消費』から『コト消費』に移り変わっていきそうです。

素材産業にも「MaaS」 三井化学、義歯を自動設計(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40286970R20C19A1TJ1000/

投稿を見る

過酷な労働環境が常態化する歯科技工業界にメスを入れ、改革に挑む歯科技工所があります。
株式会社ZOO LABOが見据える、歯科技工の未来とは?
急成長の舞台裏を、代表取締役 岡田 和典 (Kazunori Okada) 氏に聴きました。

常識破りの歯科技工所(1Dニュース)
http://news.oned.jp/zoolabo/

投稿を見る

関連する投稿を見る

再生療法しました
取り切れたと思ってマイクロ覗いてみると薄いいのがビッチリと!

投稿を見る

ペリオケースをシェアします。

投稿を見る

【パピラ(歯間乳頭)における縫合とMTMについて】
11、12間および12口蓋部にわたる垂直性骨欠損に対して保険でFOpeを行いました。
使用した道具は15c、ブーザー2本、TG-0、バリオスのスケーラーです。

先日勉強会で再生療法の話になり、パピラ上の単純縫合が偏側に寄ってたから失敗したんだーって言っててこの12、13間くらいなのを歯肉溝切開していました。根近接してなければこの隙間でも15cとブーザー使用してパピラ残したまま剥離できるからそっちの方がいいんじゃないかなと思いました。どうなんでしょうか。
また歯肉溝切開での縫合について、最後の写真の黄☆のように(テンション強過ぎないよう)縫合すれば、縫合が偏側に寄ることがないからいいんじゃないかと思うんですけどどうでしょう。
最後に、11、12にブラケットをつけてローテーションすれば11、12の根近接改善できてさらに歯根膜付いてきてくれれば歯間の歯周組織も再生するのではないかと考えているのですがどうでしょう。
質問ばかりで申し訳ありません、宜しくお願い致しますm(_ _)m

投稿を見る

これまで有効な治療法が無かった疾患の治療が可能になるなど、失われた組織を取り戻す「再生医療」が脚光を浴びています。
歯科医療も例外ではなく、特に歯周治療分野では盛んに再生医療の日常臨床への応用がされつつあります。

連載『歯周組織再生治療の今・未来』第3回では、こんにちの臨床でも応用されるGTR法がいったいどれほどの効果を有するのかを、フラップ手術と比較して検討してみました。

日本歯周病学会は「骨内欠損やⅡ度の根分岐部病変においては行うことが推奨される」が、「Ⅲ度の根分岐部病変に対しては明確なエビデンスが無く推奨されない」という立場を取っています。

GTR法、これまでとこれからの30年 | 歯周再生治療(1Dニュース)
http://news.oned.jp/perio-regenerative3/

投稿を見る

【 #結合組織移植術 】
結合組織移植術を行った症例です。結合組織移植片の色調の変化と歯肉との調和、そして外科処置領域の血管網を見て頂ければ、順調に進んでいることがわかるかと思います。
先週も別の結合組織移植術の症例を行ったため、近日中に術後をシェアします。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、歯科ニュースまとめさんの症例についてディスカッションしてみませんか?