Dr.Tのその他の投稿を見る

一歳一ヶ月の女児。
号泣してしまい、デンタルうまく撮れず、口腔内写真も撮れませんでした。

歯が斜めに生えてきたということで受診。
保護者はA┘が斜めと話しており、口腔内を見たところAは捻転しており半萌出、それに接するようにBが半萌出状態でした。
デンタルを撮影したところ、BA┘は根部が癒合しているように見え、Cが横に向いていました。
下顎のBCはよく癒合や癒着を見ますが、上顎はじめて見ました。
また、捻転歯の癒合も初めてみました。さらにはCの萌出方向異常なので、今後はレントゲン撮影を定期的に行い経過観察。
癒合歯の齲蝕リスクが高いと考え、口腔清掃とフッ素塗布も通常よりもサイクル短くして行っていくのが良いと考えました。

しかし、Cや後継永久歯のこともあるので、今後の方針として、こうしたら良いなどのご意見ありましたら、ぜひ参考にさせていただきたく投稿させていただきました。

投稿を見る

歯並びを気にされて来院。
上顎前歯部は放出スペースが足りず、1┘はほぼ90度に捻転しており、上唇小帯の高位付着が見られました。乳歯はほぼ全ての歯がC1〜C2。6はC1。念のため過剰歯の可能性を考慮し、カリエスも多いためパノラマ撮影をしました。
特に過剰歯などは認められませんでしたが、永久歯の放出スペースは足りないと感じました。
保護者の方から矯正したほうが良いのかという質問をされました。
将来的には必要になってくると考えるが、矯正はまだ何年も先のことになる。
咬合誘導という方法もあるということ。
特に女の子であるため、歯並びで精神的ストレスを感じやすい可能性がある。
自費での治療になるため、しっかりと考えて治療を選択すべきこと。
他の病院(小児歯科や矯正歯科)での見解を聞いてみるのも良いのでは。
ということをお話ししました。
小児歯科や矯正を専門にしていない先生方はこのような場合どのように説明していますか?
ご教授頂きたいです!

投稿を見る

埋伏智歯抜歯の希望で来院されました。

8┐の智歯周囲炎で排膿と発赤、腫脹があり投薬しておりました。
いよいよ抜歯というところでパノラマ撮影をすると、下顎前歯部に歯牙腫が認められました。
国試では頻度の高い歯牙腫ですが、私は初めて出会いました。

摘出して腫瘍はどんなものなのか実際に見てみたいという興味はありますが、何の症状もありませんので経過観察です。

投稿を見る

ちゃんとした口腔内写真が撮れてなくて、お恥ずかしいですが…
50代男性。前歯の変色が気になると来院された患者さんです。
違和感もあって、色も気になるので治療できないかとご相談いただきました。
デンタルを載せれなかったですが、デンタルには根尖に透過像があり、歯髄は失活。
もしや外傷歯で変色起こしているのかなと思い、ぶつけたりしたことがありますかと質問したところ、7〜8年前に顔をぶつけたけど歯もぶつけたかどうかまでは覚えてない。とのことでした。
もしかしたら、その時の衝撃で現状のようになっている可能性があり、根尖の透過像についても説明し、治療開始。
お恥ずかしながら、今回の症例と似たケースは今まで経験がなく、はじめてのウォーキングブリーチをします!
院長に話して、やったらすぐ白くなるというわけではないけど、しっかりしてあげなよーと言われました笑笑
初体験なので、ちょっとドキドキしています!経過を撮影して比較するのが楽しみでもあります!
院長にチェックはしてもらいますが、ウォーキングブリーチのアドバイスなどあればご教授下さい!

投稿を見る

根管治療の際にレーザーを使用していらっしゃる先生はいらっしゃいますか?

私の実家にレーザーがあるのですが、あまり使用しないようで眠った状態です。
勿体ないから使いたいと思っているのですが、使用する症例はやはり難治性のものでしょうか?

以前投稿した患者さんで、他院で10年ほど前に根治をした歯牙が炎症を起こし、レントゲンで根尖病巣が生じた患者さんに貼薬を続けていますが排膿と疼痛がなかなか治りません。このような場合にレーザーを応用してみてはどうかと考えています。
レーザー治療を用いた根治を行っている先生がいらっしゃればご教授いただきたいと思い投稿させていただきました!

投稿を見る

投稿失礼します。
私の手元に保険協会から今年の保険点数の改定の解説本が届きました!!
先生方の地域でも毎年検討会が行われていると思いますが、私の住んでいる県内でもコロナ患者さんが数人出ております。
そのため、私の住んでいる市ではコロナ患者さんはいらっしゃいませんが、検討会は動画配信となりました。

コロナの脅威は収まることを知らないのではないかと不安になっている今日この頃…
東京では自粛が続いておりますが、歯科医院はどのような状況でしょうか。

私の地元ではコロナの感染者が出たという情報はありませんが、自粛ムードにより仕事や学校が休みになっています。
そのため、今しかないと言わんばかりに歯科受診が増えています。
スタッフの感染予防もそうですが、患者さんはマスクや眼鏡を外してユニットに座り、大きな口をあけて治療。タービンやコントラのサックバック現象も気になるところです。
歯科医師や衛生士さん、助手さんが感染しないように衛生面をしっかりするのは勿論ですが、メンテナンスにしっかりきていただいている健康な方、特に高齢の方に感染するのではと思ってしまいます。
患者さんも治療ではなくメンテナンスのみの方は、セルフケアに力を入れるように指導した上で、受診を控えるよう勧めるべきなのか…と悩んでいます。
#COVID19

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、Dr.Tさんの症例についてディスカッションしてみませんか?