KAMANOのその他の投稿を見る

こんなの無理ですよね(スリープスプリント)

投稿を見る

父親に造ったノンクラスプデンチャーです。

投稿を見る

上下のサンプルです。

投稿を見る

『笑顔の向こうに』結構楽しみにしてます。
技工士、衛生士の映画らしいですね~⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝

投稿を見る

こうゆうのも造ったことあります、『南無阿弥陀仏』w w w

投稿を見る

歯科技工士、減ってますね〜(߹𖥦߹)僕んのときは3000人ぐらいいたと思います、
『給料』『残業』『有給休暇』『人間関係』ですかね、離職率も高いし、平均年齢は50歳超えてるとの事、歯科技工業界はどうなることか!?

投稿を見る

関連する投稿を見る

【海外症例】極端なオーバー根管充填症例

歯科臨床では犯しがちなオーバー根充ですが、ここまでオーバーした根充材は一生見れないかもしれません。

投稿を見る

ロールワッテ、角綿、綿球は小分けパックにして滅菌しています。患者さんごとに使用出来て衛生的です。しかし、小分けパックを作るのに時間がかかり、手間になるのが難点です。どこかメーカーさんで作ってくれないかな?

投稿を見る

?
© 2019 Radiologia Odontológica e Imaginologia

投稿を見る

今月末、勉強会あります。
参加費無料です。
よろしくお願いいたします。

投稿を見る

弁護士が伝授「ヤブ歯科医」への仕返し法(プレジデント・オンライン)

もし受診した歯科医院が“ヤブ医者”だったら……。
弁護士・野澤隆氏は「患者が裁判を起こしても、医療過誤の立証は難しく、仮に患者が勝てても賠償額は数百万円程度。労力に対して報酬が割に合わないので、嫌がる弁護士も多い」という。
しかし野澤氏は、訴訟以外の方法で、歯医者に「仕返し」することは可能だと指摘する。「プレジデント」(2019年3月18日号)の特集「歯医者のウラ側」より、記事の一部をお届けします――。

https://president.jp/articles/-/27785

投稿を見る

言いたい事は分からなくもないですが、お花畑ってのは完全に余計。 歯科医師向けのサービスを提供しているのに、歯科医師を小馬鹿にしてしまうツイートを繰り返してしまうのは、この人自身がお花畑の住人だからなのだろう。

昨今は「歯科コンサル」を名乗る人が多くて、やり方もだいたい似てる印象なのですが、医院経営が成功するかどうかで一番重要なのは、絶対的な実力です。(もちろん、視認性の高い立地とかもあるけど、絶対的な実力があれば遠方からでも患者は呼び込めます。)

それが無ければ「売り物」が無いのに開店するのと同じなので、成功する訳がありません。 それこそ、コンサルに集客を頼らざるを得ません。 その方法も否定はしませんが、コンサルに頼るような経営は危険です。

何よりそんな方法で集客しても、隣にめちゃくちゃ実力のあるクリニックが開院すると、窮地に追い込まれます。 コンサルの人は歯科の事を全くわかってないので、「利益率の高いメンテやSPT2を行う衛生士の確保がキモ!」とか「院長だけに依存しない経営が理想」とか言い出すんですね。そんなシステムは簡単に真似されてしまいます。誰でも真似できます。

考えてみて欲しいのですが、海外では歯科医師の人気は高いです。

何故でしょう? 収入の高さも大きく関係しています。

では、海外のスペシャリスト等が「衛生士の業務は利率が高い」「院長に依存しない経営を!」と思っているでしょうか。


彼等の収入が高いのは、高額な治療費を払える患者を一日に数名ずつ診るシステムを構築しているからです。

日本には保険制度がありますが、充分な実力があれば、そんな診療スタイルを展開する事も可能です。

そのシステムが良いか悪いかは別にして、最も重要なのは実力です。患者さんが要求してくるのもそこです。


「患者さんは治療の良し悪しなんて、わからない」と言いますが本当に良い治療を受けるとわかります。

素人でもフェラーリを生で見たり、実際に運転してみると「よくわかんないけど、これ凄い!」ってなるのと同じです。

なので、成功するかどうかに最も重要なのは実力です。

実力が無いまま、何となく開業するとコンサル頼みになるしか無いかなって思います。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、KAMANOさんの症例についてディスカッションしてみませんか?