Sho Yamadaのその他の投稿を見る

う蝕の活動性の記録に便利なNyvad criteriaの記録用紙を作成しました!
みなさんもぜひご活用ください。
pdfなどの形式で欲しい方は、ご連絡ください(^-^)

投稿を見る

この両隣在歯の裂溝も削って詰めようとした歯科医師がいる。
この6番の修復も必要だったのかどうかあやしい。
これで「きれいに削って詰めました」とか言ってるやつは
マジで歯科医師やめた方がいいと思う。
傷害に等しい。

投稿を見る

『MFTのみで改善!』
1番がクロスバイトになってしまった子。

低位舌の傾向は感じていたので、
スポットポジションを教えて1ヶ月。

口腔内を見てびっくり!
MFTだけで1ヶ月でこんなに変わるの!?
装置は一切使っていません!

マジメな子ならここまでできるのかと、
僕自身驚いてしまいました。

投稿を見る

オンライン診療に関して厚生労働省からの現状最新の情報です。
この「健康相談」に対して自費で行なっていくことがカギを握っているように思います。

投稿を見る

やはり悪くなったものをどうしたらより良く治せるかの投稿が多いけれど、
そもそも悪くしないことも考えなければならない。

よかったら使ってください。
子どもたちの未来のために。

投稿を見る

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、
うちは緊急事態宣言前から一部休診をしています。
今はそういう医院も増えてきたのではないでしょうか。

しかしこの対応をずっと続けることも難しい。

で、まだ厚生労働省からの歯科に関する指針は出ておりませんが、
オンラインでの取り組みの準備を始めました!
みなさんの中にはそういった取り組みをされている方はいらっしゃいますか?

今後はこういったビジネスモデルも希望の光となりうると思うのです。
ぜひ教えてください!

あ、ちなみに僕の取り組みとビジョンは明日以下のイベントでお話する予定です(^-^)
genie-mp.dentalight.co.jp/20200423

投稿を見る

関連する投稿を見る

間接修復と直接修復の適応症を実証する上では、とても良いケースです。
第一大臼歯および第二小臼歯は根管充填済みです。

© 2018 maximbelograd
http://en.belograd.com/module2_eng

投稿を見る

不顕性う蝕(hidden caries)のケースです。
術野を清掃・乾燥し、注意深く観察しても見過ごされますが、エックス線写真では明らかに認識されるほど大きくかつ脱灰された象牙質病変を認めるう蝕のことを言います。

投稿を見る

古くなったコンポジットレジンの修復ケース。9年後に他院で修復した同部位ですが、今回はラバーダム防湿下で再修復を行いました。この修復が長持ちすることを願っています。

投稿を見る

上顎左側中切歯のⅢ級コンポジットレジン修復。

投稿を見る

古く、不適合となっており審美性にも影響が出てしまっている上顎前歯部のコンポジットレジン修復の再修復ケースです。

投稿を見る

ダイレクト・レストレーションの症例。

© 2019 abalaksana

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、Sho Yamadaさんの症例についてディスカッションしてみませんか?