関連する用語を見る

TRINIONのその他の投稿を見る

1/12(日)・1/13(月祝)パシフィコ横浜にて「第48回横浜デンタルショー」に参加しました。多くの方々に弊社ブースにお立ち寄りいただきまして、社員一同、心よりお礼申し上げます。

投稿を見る

ことり 2019年秋号 予約受付中!
歯科医院様向けDVD「ことり」です。
待合室のテレビを使って患者さんに対して
治療説明や医院情報を流しませんか?
1枚のDVDで3ヶ月分お楽しみ頂ける
内容になっております。
今号は 9・10・11月号です。

投稿を見る

【歯科待合室用DVDコトリ】絶賛発売中!
待合室のテレビを使って医院のこと、治療のこと、さまざまな内容を患者さまに伝える。インフォメーションツール「トリニオン」の新しいブランドです。
1.「手軽に始められる」
 TVとDVDプレイヤーがあれば、届いたその日から始められます。
2.「年4回リリース」
  ことり のもう一つの魅力は季節感があること。春夏秋冬それ
ぞれ1枚 ご購いただくと、3ヶ月楽しめる内容になっています。
3.「クオリティの高い動画」
 ほとんどの歯科医院にマッチする内容です。しかも子どもから
大人まで幅広く楽しめる、クオリティーの高い動画は注目度も
抜群です。

投稿を見る

2019顎咬合学会にて動画配信サービス「トリニオン」の展示をさせて頂きました。多くのお引き合いを頂き、患者様への情報提供、また新しい取り組みとして、あらためて関心の高さを知る事が出来ました。

投稿を見る

中原維浩先生のセミナーを受講しました。以前から待合室を中心にしたマーケティングについて関心があり、非常に良い機会を頂きました。ご挨拶とお名刺の交換、弊社サービスのご案内もさせて頂きました。先生の著書にサインを頂いたことは、言うまでもありません。

投稿を見る

アニメーション動画だけではなく、色々なご対応を心掛けております。弊社HPよりダウンロード出来ます。是非ご活用下さい!

投稿を見る

関連する投稿を見る

はじめての1D投稿になります。

いま、新型コロナウイルスの影響で、
世界中が暗い空気・不安感に包まれています。

感染だけではなく経済に対する不安、
いつまで続くのかといった先の見えない不安。


そんな中、いま僕たちに出来ることは何なのか?
色々と考えました。

そして一つのアクションとして、
これから新型コロナが収まるまでの間毎日、

「いま、僕たち歯科医療従事者に出来ることは何か?」

というテーマでYouTubeライブを行うことにしました。


YouTubeライブ配信「第1回歯科革命家の集い」
https://www.youtube.com/watch?v=df7b35Aqog0


基本的には平日(月~金)の22:00~22:30。
(状況によっては時間が変更・延長になる可能性もあり)


このYouTubeライブでは、
現状を少しでも良くするための具体的な方法について検討し、
良いアイデアに関しては実現化に向けて
実際に動くといったことをやっていこうと思っています。


現状を少しでも良くするためのアイデアをお持ちの方は、
ライブ放送中にコメント欄に投稿して頂くか、
もしくはメッセージ等で僕の方までアイデアをお送りください。

良いアイデアについてはその実現化に向けて、
実際に動きたいと思います。

その際にはもちろん僕の持つリソースや
コネクションもフル活用します。


現状を憂うだけではなく、
少しでも良くするための具体的なアクションを、
ここから生んでいければと思います。‬


お時間のある方、アイデアをお持ちの方は、
ぜひご意見・ご参加頂けますと幸いです。
(もちろん、ただ覗いてみるというだけでも大歓迎です)

投稿を見る

日本のカリオロジーを盛り上げるために!
2020年、カリオロジーコースを開催いたします!!!

日程は2020年1月26日、2月16日、3月8日。
Think Twiceの長谷川雄一先生、石川健先生と、以心塾の僕のコラボレーション企画です!

僕もまだまだ学びの途中ですが、
ディスカッションなどを通して共に成長したいと思います。

ご希望の方は氏名、年齢、役職、電話番号、メールアドレスと、
受講への意気込みなどwを、チラシに記載のアドレスへメールを送ってください(^-^)
お振り込みをもってお申込み完了となります。

熱い若手の参加を待ってます!!!(^-^)

投稿を見る

先日、鶴見大学にて行われたInnovative Collaboration for Futureのセミナー議事録をシェアします。
今回は、3名の若手歯科医師(吉武 秀先生、井原 雄一郎先生、中村 航也先生)のセミナーから要点を抜粋しています。
瀧野 裕行先生、若林 健史先生のまとめは後日配信される予定です。

-------------------------

【吉武 秀先生】
- 中等度及び重度慢性歯周炎の治療と歯の保存について
- 最も重要なのは「炎症のコントロール」と「外傷力のコントロール」
- ただ歯周治療をするだけでなく、歯周組織の炎症や咬合性外傷を誘発しないように咬合、修復、補綴、矯正、インプラントを行うべき
- そのためにはドクターだけでなくスタッフも一丸となって診療にあたっていくことが必要

-------------------------

【井原 雄一郎先生】
- 歯を保存・機能させるためにやっていること
- 歯科医師・歯科衛生士側と患者側の間で、「歯を保存するか」のジャッジについて思っていることが異なる場合があることに注意する
- 患者さんには希望や背景(年齢、全身疾患、喫煙)、費用、口腔衛生状態、コンプライアンスなどの要素があり、歯科医師・歯科衛生士側には治療の技術、治療システム、手術環境などの要素がある
- 両者がマッチングした部分で、患者さんと信頼関係を構築して治療を進めていくことを意識して診療にあたっている
- 多くの患者さんは、歯を残したい、抜歯したくないと希望している:それを叶えるのが歯周病の専門医としてのあり方ではないか
- メインテナンス > 治療 > 診断と歯の喪失率は変わる。歯の保存においてはメインテナンスが非常に重要
- 治療の期間は長くても3年程度だが、SPT・メインテナンスはエンドレスに続いていく:そのため患者さんとの信頼関係が重要
- メインテナンスのなかでも、妥協的メインテナンスから治療後メインテナンスの方が予後良好
- 歯周治療のほとんどは非外科治療。若い頃は外科治療のウェイトが半分くらいあったが、経験を積むにつれて非外科治療のウェイトが増えた。今後突き詰めていくと、非外科治療のウェイトはさらに増えていくと思う
- 外科治療をしていく上で、PCRは10%以下が良い: GTRの付着量もPCRのコントロールやメインテナンスが前提となる。治療よりもメインテナンスが重要で、そのためには患者さんとの関係性が欠かせない
- 歯周外科へ移行する際のチェック項目:患者側ではインフォームドコンセント、全身疾患のコントロール、喫煙の有無、プラークコントロールの状態(10%以下)。歯周組織側では炎症のコントロール(BOP20%以下)、動揺歯のコントロール、咬合の安定
- 天然歯は長持ちさせられる(中川種昭先生)

-------------------------

【中村 航也先生】
- 1Dアカウント: https://oned.jp/users/2IhH7i6nSOuxdCU8YcrlMFDT05dzXO5N
- 患者さんの笑顔も大事だが、歯科医療者側の幸せも大事で、そこも考えて治療をしていかなければならない
- アメリカの歯科衛生士の平均年収は800万円であるのに対し、日本は歯科医師でも平均年収は700万円と差が付いている状態
- 日本の歯科医師の週休は1日だが、アメリカの歯科医師の週休は3日。理想的な職業ランキングでも、アメリカは歯科医師が1位なのに、日本は222位と歴然の差がある
- 豊かになるために、時代を「先読み」して「差別化」していかなければならない
- 成人の8割が歯周病で、抜歯理由の1位が歯周病。8020で多くの歯が残ってきたが、みんなが歯周病になっている。インプラントでも義歯でも、どんな治療においても歯周病の治療からは逃れられない
- 今回のテーマである「Save the teeth」:歯を守ることで、患者さんも歯科医療者も幸せになれる。チームワークで歯周病に立ち向かうことが重要
- 歯周病に立ち向かうキーポイント:「炎症」と「咬合」の2つ
- 歯肉も皮膚と同じ外胚葉組織。皮膚から出血していたら絆創膏を貼るのに、歯から血が出てても「どうでもいいや」で終わってしまうのは不思議
- 歯周病のケアを受けていない患者さんが、10年間に失う平均の歯の本数は「6.1本」。一方で、歯周病専門歯科医院で治療を受けてきた患者さんが10年で失うのは「1本」
- ポケットの深さは、人によって誤差が生じやすい:BOPの変化を見ることが大事。炎症性の変化があるということは、歯周組織の破壊が始まっているということ。その早期発見・早期治療が重要
- 歯肉形態・バイオタイプによってTBIを変える
- インプラントではポケットを測定せず、インプラント周囲を指で抑え、出血・排膿・圧痛を確認し、これが認められた場合にはプロービングをするという流れが良いのではないか
- 最高の歯周病治療とは、歯周病にならないように予防すること。最高のインプラント治療とは、インプラントを入れないこと。低侵襲で予防を考えながら臨床をやっていきたい

投稿を見る

昨日青戸訪問看護ステーションさんの勉強会で
もしバナゲームに参加してまいりました
自分が余命半年と宣告されたら何を大事にしたいのか
カードを選んで読み解いていくゲームです
死について考えたことがない人は
一度行ってみるといいかもしれません

投稿を見る

【無断キャンセル対策について】
飲食店などで予約した客が連絡せずに来店しない「無断キャンセル」。
飲食店問わず、美容室、エステ、そして、歯科医院も皆さん悩んでいます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
経済産業省が平成30年に公表した「対策レポート」によると、無断キャンセルによる飲食業界の被害額は年間で約2千億円(推計)。飲食店での予約全体の1%弱を占めるとされる。さらに予約1日前と2日前にそれぞれ生じるキャンセル分を加味すると、被害発生率は6%強に達し、被害額は計約1・6兆円に及ぶとされる。
””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
※参照記事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00000510-san-soci

歯科医院だけではなく、飲食や美容、エステなどでは実施している「キャンセルの対策例」としては、以下のような形式があります。

=======================
【キャンセルポリシー・ルールの掲示】
HP上や店舗内に、「キャンセルポリシー」や「キャンセルルール」を掲載。「キャンセル」に対して、どのような方針をとっているのか、そして、なぜそのような方針を掲げているのかを、事前にご説明します。
 
■効果
・事前に告知することで、キャンセルが多いお客様に適切な対応ができる。
・キャンセルへのハードルを設ける。(例:費用など)
・本当に来ていただきたいお客様や患者様が集まるようになる。
 
(キャンセルポリシーの例文)
<当院のご予約に対する考え方>
当院では、一人一人の患者様の貴重なお時間を大切に、より高度で安全な医療を提供するために予約制診療を行っております。
現在、ご予約が大変混み合っており、キャンセル待ちの方も多くいらっしゃいます。ご都合の悪い場合には、お早目にご連絡いただき、1人でも多くの方にご受診いただけますようご理解、ご協力をお願いいたします。
「医療」を提供するなかで安全な医療提供のために時間が場合によってはお待たせしてしまうこともございます。当院もご予約の開始時間を守れるように努力いたしますので、ご協力いただけますと幸いです。
キャンセルの場合は、前日の18時までにご連絡下さい。
ご予約時間より遅れてのご来院になりますと、治療時間が短くなる場合や予定しておりました内容と変更になる場合もございますので、ご了承下さい。また、ご予約時間を30分以上過ぎてもご連絡がつかない場合やご来院が無い場合は当日キャンセル扱いとさせて頂く事もあります。



【お客様を待たせない】
待たせてしまうと、次回以降、時間を守ってくれず、遅刻やキャンセルをしやすくなってしまいます。
もし、待たせてしまう場合は、必ず一声かけましょう。
 
■効果
・次回以降の遅刻やキャンセルを防ぐことができる
 


【来店・来院してくれたことへの感謝を伝える】
来店・来院してくれたお客様に、しっかりとその感謝を直接お伝えしましょう。
直接伝えられると、お客様としては、案外、嬉しいものです。愛着をもっていただき、次回以降、キャンセルが起こらないように、ファンになってもらいましょう。
=======================

投稿を見る

【登壇者紹介:瀧野 裕行先生】
 
第二回Innovative Collaboration for Future 2019の特別スピーカーである「瀧野 裕行」先生のご紹介です。
 
歯周治療、歯周外科治療の技術向上に努める学術団体JIADSに所属し、数多くの若手向けに研修や講演を実施してきた第一人者の瀧野裕行先生です。
 
今回のイベントでは、瀧野先生の講演が聞けるチャンスです。
----------------------
瀧野 裕行 先生
【略歴】
1966年 NY生まれ
1991年 朝日大学歯学部 卒業
1995年 タキノ歯科開設
2006年 医療法人社団裕和会 タキノ歯科医院 ペリオ・インプラントセンター設立
 
【所属】
朝日大学歯学部 歯周病学講座 客員教授
東京歯科大学 歯周病学講座 客員講師
日本先進医療研修機関(JIADS) 理事長
日本口腔インプラント学会 会員
日本臨床歯周病学会 会員/認定医
OJ(Osseointegration Study Club of Japan) 副会長
AAP(American Academy of Periodontology) 会員
----------------------
 
<医院 HP>
医療法人社団裕和会 タキノ歯科医院 ペリオ・インプラントセンター
http://www.takino-d.com/
 
<Innovative Collaboration for Future 2019 公式ページ>
https://kokucheese.com/event/index/544165/

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、TRINIONさんの症例についてディスカッションしてみませんか?