Dr.Tのその他の投稿を見る

以前、投稿させていただき、沢山のご回答を頂いた症例の経過について。
本日、患者さんが受診されたため途中経過ではありますが、投稿いたします。

7の根尖に圧痛があり、デンタル撮影しました。治療計画としましては、私は7の根治と考えましたが、院長は最初に8が原因ではと言っておりました。
しかし、本日再度確認して頂いたところ、院長も根尖病巣があるので7の根治とおっしゃいました。パノラマ撮影も本日行い(パノラマの画像をアップ出来ず申し訳ありません)、やはり7の根尖が原因であると確認が取れましたので、FMCの除去を行い、ガッタパーチャーを除去。
すると、根管から排膿を認めました。

前回の投稿で回答いただいた先生方のお陰で的確な診断、治療が出来ました。
この場を借りて御礼申し上げます。

投稿を見る

ちゃんとした口腔内写真が撮れてなくて、お恥ずかしいですが…
50代男性。前歯の変色が気になると来院された患者さんです。
違和感もあって、色も気になるので治療できないかとご相談いただきました。
デンタルを載せれなかったですが、デンタルには根尖に透過像があり、歯髄は失活。
もしや外傷歯で変色起こしているのかなと思い、ぶつけたりしたことがありますかと質問したところ、7〜8年前に顔をぶつけたけど歯もぶつけたかどうかまでは覚えてない。とのことでした。
もしかしたら、その時の衝撃で現状のようになっている可能性があり、根尖の透過像についても説明し、治療開始。
お恥ずかしながら、今回の症例と似たケースは今まで経験がなく、はじめてのウォーキングブリーチをします!
院長に話して、やったらすぐ白くなるというわけではないけど、しっかりしてあげなよーと言われました笑笑
初体験なので、ちょっとドキドキしています!経過を撮影して比較するのが楽しみでもあります!
院長にチェックはしてもらいますが、ウォーキングブリーチのアドバイスなどあればご教授下さい!

投稿を見る

本日、壁紙と床の張り替え、ユニットを新しいものに入れ替えました!!
心機一転、明日から初心に戻り頑張ろうと思いました。
古さから少し汚く感じることもあったため、これを機に綺麗な歯科医院を継続していけたらと思っています。

私事の投稿失礼しました。

投稿を見る

患者の年齢: 34歳
患者の性別: 男性

症例の説明や相談内容:
左側の奥に違和感があるとのことで来院されました。
口腔内からは下顎両側の智歯が半萌出しており、歯冠が一部確認できましたが、歯肉の発赤や腫脹は認められませんでした。
本人の希望としては智歯抜歯はしたくない。生涯を共にと考えてます。と言われました笑
智歯は抜歯しないのであれば、炎症もないようなので投薬もないし、定期的なメンテナンス。
しかし、左側の奥らへんの違和感とのことだったので、パノラマを撮って確認したところ、┌7に根尖病巣、┌6遠心に齲蝕、67┘隣接面齲蝕が認められました。
違和感の原因が┌67の可能性があるため、治療を開始。
┌7GP除去したところ、違和感は消失しました。

投稿を見る

70代男性です。
忙しくたまにしか来院されません。毎回歯垢びっしりで来院。
34┘は動揺度3です。抜歯は希望されておらず、「揺れないようにくっつけて」とおっしゃったので、スーパーボンドで接着。
説明として、「歯を固定しても、揺れは収まっているように感じますが、歯周病の治療をしっかりしなければ根本的な解決にはなりません。まずはポケット内を綺麗にしましょう」と言い、SRPを行いました。
患者さんはオペなどは希望されていません。
結局は抜歯になるというか、自然と抜けてきそうなんですが、あまり心に響かないようです。
欠損部の補綴もする気はないようで、昔義歯を作ったらしいですが、つけなかったとのことでした。
このような応急処置だけして欲しい、積極的に治療は面倒というケースが私の歯科医院では地域柄なのか多いように感じます。
諦めずに来院のたびにお話はしていくつもりですが、歯周外科や補綴、抜歯を望んでいない場合にはレーザー治療などを行うべきでしょうか?
いつも質問させていただいており、大変恐縮ですが、皆様の医院でのペリオ事情はどのようなものでしょうか。
ご教授お願い致します。

投稿を見る

写真では見にくいですが、手作りの防護服を頂きました!!

保育園へ歯科健診に行った際、最近は防護服がない事から職員さんが園児と一緒に作ってくれたそうです。
セロテープで貼り付けているところが手作り感が出ており、頑張って作ってくださったんだなーと感動しました!
しかも、意外としっかりしていて形も良く、感染症の方向けに使おうということになりました。
本当にありがたく、助かります。
仕事頑張ろうという気持ちになりました。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、Dr.Tさんの症例についてディスカッションしてみませんか?