ShinyaMのその他の投稿を見る

左下2の3根管っぽいやつ。初出は北海道の顕微鏡歯科学会。
下顎前歯は複数根管あるかもしれない、アクセスは唇側or切端から、扁平な形をしている、と解剖学的な基本が大事と思った症例。
現在、下顎前歯のアクセスは全部唇側からにしている。

投稿を見る

自発痛は無いものの、咬合時に違和感あり。ポケットは全周2~3mm。
前回とほぼ同じような症例ですが別の患者さんです。この患者さんはしっかりとした診断と治療を希望、破折・クラックの場合は抜歯もやむなしと言うことで取り掛かっています。
ガッタパーチャの位置的に右上6MBの可能性もあるため、まず右上6エンドするもサイナストラクト引かず。右上5除去すると破折線確認。結果抜歯となりました。

投稿を見る

診査診断の大事さ。。。
地域柄か抜歯の可能性が高いと伝えると経過観察選ぶ人が多いのは仕方ないか。

投稿を見る

1枚目:ストリッピングパーフォレーション。
Dr AbouRassのアンチカーブファイリングのdanger zone safety zoneを意識することが重要だと思った。形成は外に外に。
2枚目:樋状根でもCの外側がsafety、内側がdanger zone。ストリッピングパーフォレーションは内側が多い。

投稿を見る

CWCT中の一幕。なんか上手く取れたな?
動画はCWCTのみ。
https://youtu.be/bsdDaZz_zbA

投稿を見る

ファイル破折、根肥大、ストリッピングも疑う。問題解決にはいろいろ障害があり、ファイル除去には歯質を削ることやretreatmentの病変あるケースと考えると、成功率は低いと説明。
それでも構わないとの事で取り掛かった症例。
動画は破折ファイル除去ですが、取ってる最中は気が付かなかった。除去後、レントゲンと動画で確認。スローで再生するとファイルが吹っ飛んでいくのが見えた、ラバーダムも大事、確認も大事。
動画は等倍→スロー→スロー&拡大で編集しています。
https://youtu.be/l3wmgPLPAyM

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、ShinyaMさんの症例についてディスカッションしてみませんか?