関連する用語を見る

DaisukeTokitaのその他の投稿を見る

左下3.クラウン取りたくないと。でも2根管。RCFしました

投稿を見る

でも電気歯髄診に反応があると嬉しい

投稿を見る

禁煙してもらいました笑

投稿を見る

歯根端と逆根管治療。側切歯は生活歯のままでした。

投稿を見る

関連する投稿を見る

内部吸収の症例です。治療を円滑に進めるため舌側ではなく切縁から髄腔にアクセスしています。

投稿を見る

エンド症例。

投稿を見る

被せ物が取れたと来院された患者さんです。
Perの症状はありませんが、根尖の透過像があるので、根治するべきと考えております。
ただ、この根管、途中が丸く空いてます。そもそも根充材がないように感じるので、前の医院で根充はどうなっていたのか…?
歯根自体も根尖が丸く見えるので、抜歯になったら大変だろうなと思ったりもするんですが、それ以上に根治が終わって根充するとなったとき、うまく出来るだろうかと不安です。
勤務している医院は側方加圧充填で根充しています。
側方加圧で根充するのは無理があると思いますか?

投稿を見る

【VPT(Vital Pulp Treatment:生活歯髄切断法)】
Pt:特記すべき既往のない中年女性
S:連結されたFMCの下に歯間ブラシが通らないことが気になっていた。症状はない。
O:パントモ上でも分かるほどの隣接面カリエス(根面におよぶ)。6番はノンバイタル、7番はバイタル。
A:深いが、症状ないため間接覆髄でいけると思った。
P:1.5hアポ FMC・C除去、バルクベース裏装、TEK作成
D:予想よりも縁下深くCがあり、さらに露髄確実だったため途中でプラン変更した。
まず電メスで歯肉除去して縁下Cを取りきる。スケーラーで根面滑沢にした後、ボスミンガーゼを隣接縁下に留置した状態でVPTを実施した。セラカルで直接覆髄し、洗浄および止血は浸麻液に浸した滅菌綿球で行った。当日は6番のコア作るところまででTEKは作れなかった。
C:現在術後1m経っているがVital(+)である。
今後の課題として歯肉が上がってきた時、バルクベース面は弱い上皮性付着になってしまうと考えられるのでレングス等の歯周外科処置を同日実施できるようになること。より良いIsolation技術の習得。

写真1枚目:FMC・メタルコアおよびある程度のC除去したとこ
写真2枚目:縁下C取り切ってスケーラーする前
写真3・4枚目:直接覆髄前の洗浄、止血、簡易乾燥
写真5枚目:直接覆髄後
写真6枚目:隔壁フィッティング
写真7枚目:バルクベース充填、研磨後

投稿を見る

この写真の臨床症状、必要な検査、診断名、治療方針、最終的にどうするのか

教えて下さい。

投稿を見る

2根管の右下側切歯のケースです。
解剖学的な知識は根管治療の根幹をなす重要な知識であり、それに加えて忍耐と穏やかさが治療の成果の違いを生みます。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、DaisukeTokitaさんの症例についてディスカッションしてみませんか?