本吉 ひとみのその他の投稿を見る

プロービングの上達!臨床編~誤差を抑える6つのこと

👆プロービングはX-rayを見ながら
👆術者の心理的要因を考慮
👆適切なプロービング圧は20~25g
👆プローブの種類を院内で統一する
👆持ち方は執筆状変法で固定は軽く
👆プローブの挿入方法は歯軸に合わせる

1D with (link: http://with.oned.jp/probing3/)

投稿を見る

プロービングを極める!基礎編〜歯周組織を知ろう〜 | 1D with http://with.oned.jp/probing/

投稿を見る

プロービングに精通!基礎編〜見るべきポイント〜 | 1D with http://with.oned.jp/probing2/

投稿を見る

「午後の診療がつらい…」たった10分で仕事が楽になるコーヒーナップ | 1D with
http://with.oned.jp/coffee-nap/

投稿を見る

角 祥太郎 先生が語る、
"クスッと笑えてためになる”
歯科衛生士のためのお話、第二弾!

今回は「歯科衛生士が未来だ!」とおっしゃる真相に迫ります。
なぜ歯科衛生士の仕事が重要なのか一緒に考えましょう。

歯科衛生士が患者さんの心に火をつけろ!歯科医師・角祥太郎 | 1D with http://with.oned.jp/kado-shotaro2/

投稿を見る

患者さんから好かれるためには「接触回数」を増やせ! | 1D with
http://with.oned.jp/mere-exposure-effect/

投稿を見る

関連する投稿を見る

歯科衛生士に伝えたい「肯定感・立ち回り・働き方」歯科医師・角祥太郎 | 1D with http://with.oned.jp/kado-shotaro/

投稿を見る
歯科技工士免許には「歯」が隠されている

ぼーっと技工士免許ながめとったら
…?!
これは歯じゃないか‼️
ってかんじでした
すごいテンションがあがりましたが、気づいてなかったのは私だけでしょうか…( ̄▽ ̄)

投稿を見る

文化祭が台風で潰れたおかげで3日間行けそう…ありがたや〜

投稿を見る

【 臨床での気付き 】

10年以上前に当院に来られていて、中断後再来時から担当させていただいている患者さんです。

ぱっと見はそれほど歯肉の炎症は無いのですが、全顎的な歯周病と5⏌の垂直的骨欠損、部分的に強いHysのある方です。

50代の男性ですが、再来からは継続的に来院されています。

かかえこみのある歯列でクレンチングもあり、ナイトガードも勧めましたがはめた状態で寝れない…と断念されていました。

担当ドクターから、5⏌は破折の疑いありで抜歯の診断が出ていたのですが、一度ルートチェックしたいと相談しSRPを行いました。

結果、少し改善は見られたもののまた緩みそうな弱い歯肉…その時お世話になっている歯周病認定衛生士さんとのディスカッションで「 5⏌のバイトの状態を確認した??」とご指摘頂き、後日担当Drに確認をするとかなり強く当たっていることが発覚しました。

咬合調整をしたところ、5⏌のポケットもかなり改善し、抜歯をまのがれました。

今回の大きな学びは

・口腔内を全体像としてみる必要性
・5⏌が”なぜ失活歯になったのか”の追求の不足
・衛生士も咬合をみれるようになる必要性

まだまだ口腔内のみならず、X線の読影・分析など至らないところが多すぎますが、いつも患者さんに育てていただいてるな…と感じる毎日です。

投稿を見る

ヘルプで働いてる医院があるのですが、そこにいる後輩(お家が歯医者さん)が労ってくれてるのか、行く度お菓子とか何かと与えてくれるんですよね。
その子、見た目も声も言動もすべてがかわいらしくて、患者さんからもモテモテ。

今日は「たくさん注文しちゃったのでお裾分けです。もらってください!」とこんな良いものもらっちゃいました。

やっぱりモテる衛生士は違いますよね…!
改めてGiverは成功するんだなぁと思いました。
私は得する側なのに「もらってください。」とお願いされちゃって、そんな言いまわしもさすがです。

後輩見習ってモテる術、身につけよう。笑

投稿を見る

「言葉の質をあげる」
いった先生のプレゼンを聞いて私が思わずメモしたことです。
そんなこんなを振り返って考えていたら、ふと読んでいた本にも。

どんなクリニックを経営したいのか?はたまた、どんな人生を送りたいのか?

私も考える時間を意識的に作って言葉の質をあげていきたいと思っています。
日曜日のセミナーで何か皆様に気づきがありましたら幸いです。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、本吉 ひとみさんの症例についてディスカッションしてみませんか?