モロトフのその他の投稿を見る

久々に国立科学博物館へ行ってました
進化の過程で顎というのは魚類の一大区分に用いられる程重要なターニングポイントになっていて、勉強するととても楽しいです
何故顎が発達したのか?もそうですが、
何故歯が出来たのか?というのも同じくらい楽しいテーマなのでそちらも是非!!!!
※最初から咀嚼目的の進化ではないのだ

投稿を見る

文化祭が台風で潰れたおかげで3日間行けそう…ありがたや〜

投稿を見る

ス◯ンダード病◯学や授業プリントよりわかりやすく丁寧な病理学教科書。おすすめ。
何がいいって、分類がちゃんとしている。所謂進行性・退行性病変がそもそもなんなのか、曖昧でなく定義づけている。最高。

投稿を見る

久々に投稿しますー
三叉神経の神経節・反射弓を、先生のご指導のもとやっと理解出来たので貼ります

神経節(末梢のはなし)…
①感覚性神経節【求心性】
…シナプスではないので、ただの通路である
↔︎神経“核”
…中枢のはなし。中枢の細胞体の集まりで、だいたいシナプスがある。(機能的である)。例外として中脳路核、主感覚核は中継地点(神経節のような、通路)。
②自律神経節【遠心性】
…神経節と末梢の機能が一致したシナプスである。

投稿を見る

もらった過去の雑誌を読むのもなかなか面白い。例えばこの「日本歯科医師会雑誌2015年2月号」には松戸歯学部の研究者がう蝕の原因が細菌であることを突き詰めようとした際に、職が無くなるからやめてくれと言われたというエピソードが載ってる。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、モロトフさんの症例についてディスカッションしてみませんか?