関連する用語を見る

さとしんごのその他の投稿を見る

手元フォルダにあったものをシェア。

投稿を見る

関連する投稿を見る

少し前に担当した、40歳くらいの女性の患者さん。
Brによる右上6番の歯根破折症例でした。
Br撤去、16のEXT、4~6のオーバーデンチャー、という治療計画だったように記憶しています。
パノラマとデンタルしか手元に無く、すみません。

投稿を見る

© 2019 @grillzmadriz

投稿を見る

じるこにあ。

投稿を見る
歯科技工士さんによるすごいレベルの補綴物

【技工士の技】
出力モニターを揃えたりキャリブレーション等は今のところ行えていませんが、フラッシュの位置を変えたり何枚もシェードを合わせた写真をたくさん技工士さんに送ったところ、頑張りが伝わったのか技工士さんもすごいレベルの補綴物を作ってくれました。患者さんも大満足。。
出来るだけ自然な補綴物を入れれるように様々な努力をしていきたいです。
材質はe.maxセラムを使用しています。

投稿を見る

14-18FMCが全て二次カリエス、ほぼ縁下う蝕だった症例
①FMCおよびコア除去したところ
②ベース材充填し、1週間後
③APFおよび18抜歯
16のMB根を抜歯すべきか悩みました。デンタルからエンド由来ではなさそうだったのでMB根周囲の3璧性骨欠損内をデブライド後テルプラグ充填。
④術後1週間(コーパックなし)
⑤術後2週間(④で抜糸後コーパック)
⑥ラバー下にベース材および残存う蝕除去
⑦レチク
残存歯質が少なくパフォるのが怖かったので大臼歯もファイバーは1本です。
⑧概形成後

投稿を見る

元々、逆被蓋のケースで上下共に前歯12本補綴。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、さとしんごさんの症例についてディスカッションしてみませんか?