自家骨移植(インプラント治療)

「自家骨移植(インプラント治療)」とは?歯科用語を解説
2020年02月20日

インプラント治療における自家骨移植とは?

インプラント治療における自家骨移植とは、患者自身の別部位から移植片を採取し、インプラントを埋入する部位へと移植をすることである。



インプラント治療における自家骨移植の利点・欠点

インプラント治療における自家骨移植の利点・欠点としては、以下の点が挙げられる。

【インプラント治療における自家骨移植の利点・メリット】
インプラント治療における自家骨移植は、以下のような利点がある。
  • インプラント植立のための骨造成法としては最も有用である
  • 骨片固定用のスクリューのみで材料費が安価である

【インプラント治療における自家骨移植の欠点・デメリット】
インプラント治療における自家骨移植は、以下のような欠点がある。
  • 骨採取部位に新たな外科的侵襲がある
  • 移植部位の粘膜進展に限界がある
  • 移植した骨の吸収や感染の可能性がある




「自家骨移植(インプラント治療)」の文献・書籍など

【読み】

じかこついしょく(いんぷらんとちりょう)

【文献・書籍】