髄室

「髄室」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

髄室とは?

髄室とは、歯髄腔のうち歯冠側寄りにある根管以外の部分のことである。髄室のうち、それぞれの咬頭の形態に一致した形で「髄角」をもつ。髄室を構成する象牙質壁には、唇側壁(頬側壁)、舌側壁(口蓋側壁)、近心壁、遠心壁、天蓋(髄室蓋)、髄床底(髄室床)がある。

「髄室」の文献・書籍など

【読み】

ずいしつ

【文献・書籍】

『歯内治療学 第4版』, 中村洋ら, 医歯薬出版株式会社, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。