複製義歯

「複製義歯」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

複製義歯とは?

複製義歯とは、既存の義歯を埋没操作などの方法により複製した義歯である。複製義歯は現在、おもに治療用義歯として使用されているが、その他
  • 即時義歯
  • 印象用トレー
  • 咬合採得用咬合床
  • スペア義歯
  • 研究
などの用途にも用いられている。

複製義歯では、旧義歯を治療用義歯として使用する場合より、大幅な修正を容易に行うことができる。治療用義歯を通法により新たに製作する場合と比較して、患者の負担や費用・時間を要しないのも特徴である。



複製義歯の適応

複製義歯の適応例は以下である。
  • 患者が旧義歯の改造・修正を望んでいないあるいは躊躇している場合
  • 金属床・金属歯・陶歯などが旧義歯に使用されており、常温重合レジンの追加や調整が困難である場合
  • 著しい義歯床レジンの劣化・汚染が認められる場合

旧義歯に大幅な修正が必要とされている場合でも、患者が機能や審美面で旧義歯を頼りにしており、長年の使用により親しみを感じている場合もある。この場合は複製義歯が適応となる。

また旧義歯を治療用義歯として用いる症例においても、修正が終了した治療用義歯の複製義歯を用いて印象採得・咬合採得を行うこともある。

複製義歯の製作方法

複製義歯の製作方法・流れは以下である。
  1. 複製義歯用フラスクへの旧義歯の埋没
  2. 義歯の複製
  3. 複製義歯の取り出し研磨

複製義歯による治療方法

複製義歯による治療方法は以下である。
  1. 診断
  2. 複製義歯の製作・装着
  3. 複製義歯の調整
  4. ティッシュコンディショニング
  5. 咬合治療終了後の印象採得・咬合採得
  6. 試適と装着




「複製義歯」の文献・書籍など

【読み】

ふくせいぎし

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部を卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「義歯製作」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事