エアスケーラー

「エアスケーラー」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年11月24日

エアスケーラーとは?

エアスケーラーとは、圧縮した空気の力を利用したスケーラーのことである。圧縮した空気を振動させることで生じる圧力を利用し、歯石やバイオフィルムなどを除去する。エアスケーラーの周波数は2500~6500Hzである。エアスケーラーはタービン用のコネクターに接続して使用する。




エアスケーラーの用途

エアスケーラーは、超音波スケーラーと同様歯石やバイオフィルムの除去時に使用される。またエアスケーラーはそれ以外にも、窩洞形成や根管洗浄にも使用されることがある。

超音波スケーラーとエアスケーラーの違い

エアスケーラーは、超音波スケーラーよりも歯石除去力に劣る。そのため多量の歯石や強固に付着した歯石の除去には不向きであるため、エアスケーラーよりも超音波スケーラーを使用すべきである。

エアスケーラーを使用すべき患者

エアスケーラーは、超音波スケーラーのような電磁波を発生しない。そのためエアスケーラーは、心臓にペースメーカーを入れている患者にも使用することができる。





「エアスケーラー」の文献・書籍など

【読み】

えあすけーらー

【文献・書籍】

『ザ・ペリオドントロジー 第2版』, 和泉雄一ら, 株式会社永末書店, 2014.

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。

歯周基本治療の症例リスト

スケーリング上手になりたいです
#1Dはじめました

1Dでこの症例を見る

普段、患者さんのスケーリングをエアスケーラーで行ってます。
超音波スケーラー、エアスケーラーの基本テクニックから応用テクニックなど教えて欲しい。またガムマッサージなどもたくさん聞きたいです。
#1Dはじめました

1Dでこの症例を見る

「歯周基本治療」に関連する他の用語