診断用ワックスアップ

「診断用ワックスアップ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

診断用ワックスアップとは?

診断用ワックスアップとは、補綴治療前に、将来的に最終補綴処置により修復することが予想される歯冠形態、歯列の形態、歯肉の形態をワックスで成形することで、補綴治療の診断と治療計画の立案をシミュレーションをする術式である。
診断用ワックスアップは英語でdiagnostic waxing upという。英語名から、診断用ワックスアップは診断用ワクシングアップともいう。



診断用ワックスアップによる補綴治療のシミュレーション

診断用ワックスアップを行うことによって、歯の形態や位置、咬合接触状態、アンテリアガイダンス、歯列弓の形態、咬合平面、リップサポートなどの機能面や、正中線の位置やスマイルラインなどの審美面をシミュレーションすることが可能である。

診断用ワックスアップを行う症例

診断用ワックスアップは、インプラント治療や全顎におよぶクラウンブリッジによる咬合再構成などを行う場合に行われることが多い。


「診断用ワックスアップ」の文献・書籍など

【読み】

しんだんようわっくすあっぷ

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

インプラントの診査・診断の症例リスト

インプラントで治療計画を立案するための診断用ワックスアップは患者が治療後の状態を理解する上でも必要。

1Dでこの症例を見る