CO2レーザー

「CO2レーザー」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

CO2レーザーとは?

CO2レーザーとは、炭酸ガスレーザーとも呼ばれる。CO2レーザーは波長10.6μmの連続波、あるいはパルス派として用いられる。CO2レーザーは軟組織を蒸散でき、止血効果がある。CO2レーザーは組織への散乱が少ないが、熱作用が強いため、炭化が起こる。CO2レーザーは硬組織に関しては炭化や溶解が生じやすいため、蒸散は困難である。

「CO2レーザー」の文献・書籍など

【読み】

しーおーつーれーざー

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。