ポータブルサルファイドモニタ

「ポータブルサルファイドモニタ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月26日

ポータブルサルファイドモニタとは?

ポータブルサルファイドモニタとは、口臭検査で用いられる機器のうちの1つである。ポータブルサルファイドモニタは、患者の呼気を自動的に吸引し、揮発性硫黄化合物濃度の検出ピーク値をppb単位でデジタル表示する。ポータブルサルファイドモニタの結果としては、一般的に200ppb以上が口臭として診断される。

機器による口臭の分析は、口臭の強度を具体的な数値として客観的に表すことができる。そのため患者の理解が得られやすく、また術者側も口臭治療前後の変化を確認しやすい。


「ポータブルサルファイドモニタ」の文献・書籍など

【読み】

ぽーたぶるさるふぁいどもにた

【文献・書籍】

『臨床歯周病学 第2版』, 吉江弘正ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「歯周基本治療」に関連する他の用語