テンチのコア法

「テンチのコア法」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

テンチのコア法とは?

テンチのコア法とは、上顎ろう義歯歯列の記録を取る方法のうちの1つである。



テンチのコア法の流れ・手順

テンチのコア法の流れ・手順は以下である。
  1. 下顎のろう義歯を咬合器から外す
  2. 咬合平面板あるいはマウンティングジクを咬合器の下弓に装着する
  3. 2.の上に石膏泥を一層盛る
  4. 咬合器を静かに閉じて、上顎ろう義歯人工歯の切縁・咬頭頂をおよそ1mmの深さで印記する

テンチのコア法によって得られた上顎ろう義歯歯列の記録は、テンチのコア(テンチの歯型)という。




「テンチのコア法」の文献・書籍など

【読み】

てんちのこあほう

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「義歯製作」に関連する他の用語