歯科医師過剰問題

「歯科医師過剰問題」とは?歯科用語を解説
2019年10月13日

歯科医師過剰問題とは?

歯科医師過剰問題とは、我が国における歯科医師免許保持者が増加し、歯科医師数が患者の需要よりも上回っているのではないかと指摘される社会問題のことである。平成28年(2016年)医師・歯科医師・薬剤師調査によれば、平成28年12月31日時点での歯科医師数は104,533人である。この歯科医師数の数値は、人口10万対で表すと82.4人となる。なお、人口10万人対歯科医師数は、前回の医師・歯科医師・薬剤師調査よりも0.6人増加している。

「歯科医師過剰問題」の文献・書籍など

【読み】

しかいしかじょうもんだい

【文献・書籍】