ジメチルサルファイド

「ジメチルサルファイド」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ジメチルサルファイドとは?

ジメチルサルファイドとは、口臭の原因物質である、揮発性硫黄化合物:volatile sulphur compounds(VSC)の一つで、口腔内の細菌がシステイン、メチオニン、シスチンといった硫黄を含むアミノ酸(含硫アミノ酸)を分解することで産生される。
全身由来の口臭の原因として、腸管で産生・吸収されたジメチルサルファイドが肝臓で代謝されず、肺胞から呼気に現れることもある。

「ジメチルサルファイド」の文献・書籍など

【読み】

じめちるさるふぁいど

【文献・書籍】

『新予防歯科学 第4版』, 米満正美ら, 医歯薬出版株式会社, 2010.
『口腔微生物学 第6版』, 石原和幸ら, 株式会社学建書院, 2018.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「アカデミック」に関連する他の用語