顆路型咬合器

「顆路型咬合器」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

顆路型咬合器とは?

顆路型咬合器とは、顎関節の運動を再現する咬合器である。顆路型咬合器の原型は、19世紀末に現れたウォーカー咬合器である。これは側方滑走運動もできる構造となっていた。

その後、下顎運動の測定結果から下顎運動理論が構築され、それに基づいた咬合器が製作されてきた。その代表がGysi咬合器である(Hanauの咬合器群)。これらはギージーOU咬合器として、現在も臨床に生かされている。

「顆路型咬合器」の文献・書籍など

【読み】

かろがたこうごうき

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部を卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「義歯製作」に関連する他の用語