咬合面再形成

「咬合面再形成」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

咬合面再形成とは?

咬合面再形成とは、義歯の人工歯咬合面を再構成することにより顎口腔系の形態、機能、審美性の回復を図る処置である。咬合面再形成は「咬合面再構成」と呼ばれることもある。なお、咬合面再形成を英語ではocclusal reconstruction of dentureという。



咬合面再形成について

義歯を長期間使用していると、人工歯の咬耗や咬合高径の低下は避けることはできない。人工歯の咬耗や咬合高径の低下により咀嚼能率は低下する。こうした義歯の症例では、下顎前歯部の上顎への突き上げが生じたり、義歯の維持も悪くなり、フラビーガムが生じてしまうことも少なくない。
このため、咬合面を再構成・再形成する咬合面再形成が必要である。
 

咬合面再形成の術式

咬合面再形成の臨床的術式について解説する。咬合面再形成は主に、常温重合レジンやペーストタイプの光重合型レジンを直接法で義歯の咬合面に盛り上げて行われる。
咬合面再形成の間接法では、硬質レジンなどで咬合面を事前に製作しておいて使用義歯に接着する方法がある。




「咬合面再形成」の文献・書籍など

【読み】

こうごうめんさいけいせい

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。