歯根端切除術

「歯根端切除術」とは?歯科用語を解説
2020年02月20日

歯根端切除術とは?

歯根端切除術とは、根尖部の切除および根尖病変の掻爬により、感染源を除去して、歯を保存し機能させる方法である。ガッタパーチャポイントと根管シーラーを用いて根管充埴を緊密に行い、根尖の切断部に手を加えないのが歯根尖切除法である。歯根端切除術は、歯根尖切除術(歯根尖切除法)ともいう。


歯根端切除術の適応

歯根端切除術の適応となる症例を以下に示す。
  1. 根尖部に病変が存在する歯で、歯根の湾曲や狭窄、器具の破折、深い支台築造により根管を経由した根管治療が不可能な症例
  2. 根尖部に根管の分岐や側枝が存在して、根管からの治療では感染源の除去が望めない症例
  3. 歯根吸収や以前の処置により、感染が根尖孔外に及んでいると予測される症例や滲出液や膿が止まらない症例
  4. 根尖部の根管側壁に穿孔が生じている症例
  5. 大きな歯根嚢胞が存在している症例




「歯根端切除術」の文献・書籍など

【読み】

しこんたんせつじょじゅつ

【文献・書籍】

『歯内治療学 第4版』, 中村洋ら, 医歯薬出版株式会社, 2012.