黒毛舌

「黒毛舌」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

黒毛舌とは?

黒毛舌とは、舌が角化亢進することにより、黒色をはじめとする色素沈着が生じている口腔粘膜疾患である。黒毛舌は別名、毛舌症ともいう。



黒毛舌の原因

黒毛舌の原因としては、菌交代現象によるCandida albicans(真菌)の繁殖が挙げられる。抗菌薬の長期投与において黒毛舌が生じるケースが多い。

黒毛舌の症状

黒毛舌の症状としては、舌の黒色化が挙げられる。患者の自覚症状はほとんど見られない。

黒毛舌の好発部位

黒毛舌の好発として、若年者よりも高齢者に多くみられる。黒毛舌の好発部位としては、舌のなかでも舌背中央部に多いとされる。




「黒毛舌」の文献・書籍など

【読み】

こくもうぜつ

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

口腔外科疾患の症例リスト

投薬により黒毛舌を発症した55歳女性の症例

黒毛舌の症例。55歳女性。
抗菌薬を服用後に発症したとのことですが、投薬を変えたらすぐに元に戻ったと。ここまでのはすごいです。
黒毛舌は英語で "black hairy tongue" だそうで、そのまんまなんですねw

https://edition.cnn.com/2018/09/05/health/black-hairy-tongue-study/index.html

1Dでこの症例を見る

「口腔外科疾患」に関連する他の用語