歯科用ルーペ

「歯科用ルーペ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

歯科用ルーペとは?

歯科用ルーペとは、歯科治療時に術者が用いるルーペのことである。歯科用ルーペを使う治療内容としては、歯科医師による根管治療や窩洞形成、歯科衛生士によるスケーリング・ルートプレーニング(SRP)やPMTC、歯科技工士による精密作業などである。

「歯科用ルーペ」の文献・書籍など

【読み】

しかようるーぺ

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

院内設備の症例リスト

眼鏡の上からできる拡大鏡って何が有りますか

1Dでこの症例を見る

技工をしている際、手元が見えにくくなりつつあるのでルーペ購入を考えています。
オススメを教えてください!

1Dでこの症例を見る