顎内固定

「顎内固定」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

固定の種類

固定とは、歯の移動や顎骨の成長を制御するときに、矯正装置が発揮する矯正力に対する抵抗を意味する言葉である。

固定の種類は、以下のように大きく3つに分類される。
  • 抵抗の性質によるもの
  • 固定源の部位によるもの
  • 抜歯空隙の利用量によるもの

中でも固定源の部位による分類では、固定の種類は3つに分けられる。
  • 顎内固定
  • 顎間固定
  • 顎外固定



顎内固定とは?

顎内固定とは、固定源を移動させる歯と同じ顎内に設置するものである。
顎内固定の例:舌側弧線装置、急速拡大装置、トランスパラタルアーチ




「顎内固定」の文献・書籍など

【読み】

がくないこてい

【文献・書籍】

『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「マルチブラケット」に関連する他の用語