粘液嚢胞

「粘液嚢胞」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

粘液嚢胞とは?

粘液嚢胞とは、別名「粘液瘤」とも呼ばれ、唾液が粘膜下組織内に溜まった状態のことである。粘液嚢胞の内容液は透明で粘稠性である。粘液嚢胞は若年者に多く発症し、下唇粘膜に最も多く起こる。次いで頰粘膜、口底粘膜と続く。
粘液嚢胞は、軟組織の嚢胞であるため単純エックス線撮影では診断できないが、CT撮影で低吸収像が認められる。粘液嚢胞は病理組織では上皮に裏装され、周りは肉芽や線維性結合組織によって囲まれている。



粘液嚢胞の分類

粘液嚢胞は大きく2つに分類される。
  1. ブランディンヌーン(Blandin-Nuhn)嚢胞:前舌腺(舌尖部下面)に生じたもの
  2. ガマ腫:舌下部や顎下部に生じたもの

粘液嚢胞の症状

粘液嚢胞の主な症状は以下である。
  • 境界明瞭な半球状腫瘤
  • 痛みはない
  • 弾力があり軟らかい腫瘤
  • 色は正常粘膜色あるいは紫青色
  • 波動を触知する

粘液嚢胞の原因

粘液嚢胞の原因は、唾液腺導管の傷害や唾液の流出傷害である。

粘液嚢胞の治療方法

粘液嚢胞の治療法としては摘出が基本である。




「粘液嚢胞」の文献・書籍など

【読み】

ねんえきのうほう

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語