エナメル突起

「エナメル突起」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

エナメル突起とは?

エナメル突起とは、セメント・エナメル境(CEJ)から根分岐部へと向いたエナメル質の突起のことである。エナメル突起の存在によって、付着の破壊・喪失が進行しやすくなる。エナメル突起は英語でenamel projectionとも言い、「エナメルプロジェクション」と呼ぶ場合もある。



Mastersの分類:エナメル突起の分類

エナメル突起は、セメント・エナメル境(CEJ)から根分岐部に突出している度合いによって、3つに分類することができる。このエナメル突起の分類方法を、Mastersの分類という。

エナメル突起の好発部位

エナメル突起は、主に大臼歯に生じ、特に下顎第一大臼歯に出現することが多く、舌側よりも頬側に好発する。




「エナメル突起」の文献・書籍など

【読み】

えなめるとっき

【文献・書籍】

『臨床歯周病学 第2版』, 吉江弘正ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.
『歯周治療プラクティスマニュアル』, 五味一博士, 永末書店, 2013.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「アカデミック」に関連する他の用語