エステティックライン

「エステティックライン」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

エステティックラインとは?

エステティックラインとは、側貌の審美的基準となる鼻尖とオトガイを結んだ線である。エステティックラインは「Eライン」とも呼ばれる。エステティックライン(Eライン)はアメリカ合衆国の矯正歯科医Robert M. Rickettsが発案した概念である。



エステティックラインの意義

エステティックラインは鼻、口唇オトガイのバランスを示し、バランスの良い側貌は、エステティックラインに近接した下唇の後方に上唇が位置するとされている。
口唇がエステティックラインより突出すると審美不良になるといわれているが、その位握関係には人種差がみられる。

義歯の領域でのエステティックライン

義歯患者ではエステティックラインは人工歯の切縁部の前後的位置に影響される。
また、エステティックラインは義歯によるリップサポート回復程度の評価に用いることができる。人工歯排列後の蝋義歯至適時にはエステティックラインの評価はリップサポート回復の指標になるといえる。
また義歯がないとき、前歯を喪失したものはエステティックラインより口唇は後方に下がる。


「エステティックライン」の文献・書籍など

【読み】

えすててぃっくらいん

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.
『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.
『歯科矯正学 第6版』, 飯田順一郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「マルチブラケット」に関連する他の用語