エアブレーシブ

「エアブレーシブ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

エアブレーシブとは?

エアブレーシブとは、噴射装置を使って歯の表面に直径30~50μmの酸化アルミナ粉末や炭酸水素ナトリウム(重曹)を噴射し、歯の切削を行う噴射切削器具のことである。エアブレーシブは、エアブレーシブ法、エアブレイシブ法などとも呼ばれることがある。



エアブレーシブの利点・メリット

エアブレーシブは、通常の回転切削器具と比べて、振動が少なく痛み・不快感も軽減でき、また発熱もしにくいという利点・メリットがある。




「エアブレーシブ」の文献・書籍など

【読み】

えあぶれーしぶ

【文献・書籍】

『保存修復学 第6版』, 千田彰ら, 医歯薬出版株式会社, 2013

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。