顎間ゴム(エラスティック)

「顎間ゴム(エラスティック)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

顎間ゴム(エラスティック)とは?

顎間ゴム(エラスティック)は矯正装置の一つで、弾性高分子材料で、歯列の空隙閉鎖や顎間ゴムに用いられる。
顎間ゴム(エラスティック)は内部に大きな弾性エネルギー(レジリエンス)が蓄えられるので、弱く持続的な矯正力を発揮することができる。顎間ゴム(エラスティック)の荷重-たわみ曲線はニッケルチタン合金に近似している。
顎間ゴム(エラスティック)は劣化が著しいので使用開始後は1~2日で交換することが望ましい。
なお、顎間ゴム(エラスティック)が天然ゴムのラテックス製の場合、ラテックスアレルギーの患者には使えない。顎間ゴム(エラスティック)を患者に説明するときは「輪ゴム」と説明するとわかりやすい。



顎間ゴム(エラスティック)の種類

顎間ゴム(エラスティック)の種類としては以下の4種類がある。適切な顎間ゴム(エラスティック)を使用することが治療目標の達成につながる。
  • II級ゴム
    • II級ゴムはAngleII級の不正咬合を持つ患者に使われ、上顎前歯の舌側移動、上顎犬歯、臼歯の遠心移動、下顎臼歯の近心移動ができる。
  • III級ゴム
    • III級ゴムはAngleIII級の不正咬合を持つ患者に使われ、下顎前歯の舌側移動、下顎犬歯、臼歯の遠心移動、上顎臼歯の近心移動ができる。
  • 垂直ゴム
    • 垂直ゴムは歯の挺出を促進して、開咬の治療に用いられる。
  • 斜めゴム
    • 斜めゴムは、上下歯列正中線を一致させるためなどに用いる




「顎間ゴム(エラスティック)」の文献・書籍など

【読み】

がっかんごむ(えらすてぃっく)

【文献・書籍】

『歯科矯正学 第6版』, 飯田順一郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

マルチブラケットの症例リスト

【L.O.T】
37感染根管処置を開始しようと思ったら縁下までCあったため、まずは挺出→隔壁→感染根管治療→レチク→形成印象と考えています。
大臼歯の挺出は初めてなんですが、これ、大丈夫でしょうか?
矯正力強くするためにエラスティックを2本にしたこと、固定源ワイヤーに溝を掘り矯正方向を規制しているとこが個人的に工夫したところです。
ちょくちょく技工士さんにお願いしてワイヤー曲げてもらって挺出をトライしたりしますが、ブラケット付けてやったことは未だありません。L.O.T関連でオススメな本があれば是非教えていただきたいです。

1Dでこの症例を見る

「マルチブラケット」に関連する他の用語