ワックスパターン調整法

「ワックスパターン調整法」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月26日

ワックスパターン調整法とは?

ワックスパターン調整法とは、鋳造修復を行う上で、ワックスを模型上で窩洞に適合させ、歯牙の形態を回復させたワックスパターンから鋳造修復物を製作する方法である。ワックスパターン調整法には、口腔内で直接作る直接法と、模型上で製作する間接法があるが、現代では間接法が一般的となっている。

ワックスパターン調整法に使用されるワックスはインレーワックスといい、主成分をパラフィンとし、ダンマー、カルナウバワックス、セレシン、蜜ろうを添加することで、融点軟化点可塑性が調整されている。



「ワックスパターン調整法」の文献・書籍など

【読み】

わっくすぱたーんちょうせいほう

【文献・書籍】

『保存修復学 第6版』, 千田彰ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。