即時荷重(インプラント治療)

「即時荷重(インプラント治療)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

インプラント治療における即時荷重とは?

インプラント治療における「即時荷重」とは、インプラント体の埋入時あるいは1週間以内に暫間的なアバットメントあるいは最終的なアバットメントを装着し、暫間的な上部構造を装着して咬合接触を付与することにより荷重することである。

「即時荷重(インプラント治療)」の文献・書籍など

【読み】

そくじかじゅう(いんぷらんとちりょう)

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

インプラントの埋入の症例リスト

D4 boneでしたが、counterclockwise rotation(逆回転)でインプラントホールを形成。
INT 30N ISQ79
即時修復も可能でしたが、高齢者の方でしたので、噛んだり、いじったりする可能性があったので、1回法で終えました^ ^

骨質改善にはすごくいいです^ ^

1Dでこの症例を見る

インプラントのことでお聞きしたいです

1次オペでインプラント体の埋入を行った後すぐに取り出しまた埋入を行うことはありますか?
また行う目的はなんですか?

1Dでこの症例を見る