スティップリング

「スティップリング」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年11月15日

スティップリングとは?

スティップリングとは、正常な歯肉表面に見られるミカンの皮のような細かな凹凸のことである。スティップリングは歯肉線維束(歯肉骨膜線維)により形成されると考えられている。




スティップリングの変化

歯肉に炎症が波及することで、スティップリングは消失することがある。歯肉の色や形態は歯によって違いがあるため、反対側と比較すると良い。またスティップリングは、エアブローにより歯肉を軽く乾燥させると見えやすい。





「スティップリング」の文献・書籍など

【読み】

すてぃっぷりんぐ

【文献・書籍】

・『臨床歯周病学 第2版』, 吉江弘正ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.
・『歯周治療プラクティスマニュアル』, 五味一博士, 永末書店, 2013.

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「歯周基本治療」に関連する他の用語