歯髄腔

「歯髄腔」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

歯髄腔とは?

歯髄腔とは、歯髄が入っている歯内部の構造物である。歯髄腔の内部は歯髄が満たしている。歯髄腔は「髄室」と「根管」からなる。

「歯髄腔」の文献・書籍など

【読み】

しずいくう

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

アカデミックの症例リスト

顕微鏡による歯の観察?
それぞれ簡単に解説していきましょう。

画像の1枚目は象牙質と象牙芽細胞(Scanning by EM 2200:1)、2枚目は歯髄腔と象牙細管の開口部(Scanning by EM 1600:1)、3枚目はエナメル芽細胞(ameloblast)です。

4枚目は歯表面のバイオフィルム、5枚目は大臼歯の解剖、6枚目は歯表面のプラークです。

1Dでこの症例を見る

自然の歯の美しさ。

1Dでこの症例を見る

「アカデミック」に関連する他の用語