頬筋

「頬筋」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月30日

頬筋とは?

頬筋は、表情筋の一種である。表情筋とは、筋肉の片端が皮膚に繋がっている(一般的には、筋肉は骨と骨の間に付着)皮筋の一つであり、浅頭筋とも呼ばれる。ラテン名musculus buccinator英名Buccinator muscle。
頬筋の起始・停止

筋肉は、両端のうち筋収縮時に動きが小さい方を起始、動きが大きい方を停止としている。

起始: 翼突下顎縫線および上顎骨と下顎骨の歯槽骨
停止: 口角および口輪筋

頬筋の神経支配

頬筋は、第Ⅶ脳神経である顔面神経の頬筋枝よって支配される。

頬筋の働き

頬筋は、表情筋の一種であり、顔面の表情を変える時に働く。主な働きは口角を上方に引き上げる働きをする。また、口腔領域では歯列に外側から押す力を与えており、歯列の位置や咬合の保持にも関与している。

頬筋機能機構(バクシネーターメカニズム)

頬筋は、歯列に対して、外側から機能的な力をかけている。このように歯列に対して外側から機能的な力をかけている筋肉は帯状に連続している。この連続した口輪筋、頬筋、上咽頭収縮筋が外側から力をかける仕組みを、頬筋機能機構(バクシネーターメカニズム)という。

頬筋と上咽頭収縮筋は、翼突下顎縫線を介して連続している。

バクシネータメカニズムは、舌による歯列に対しての内側からの力に拮抗し、歯列や咬合の保持、筋圧中立帯を生み出すなどに関与している。

「頬筋」の文献・書籍など

【読み】

きょうきん

【文献・書籍】

図解 解剖学辞典<第2版> 監訳者山田英智 訳者 石川春律 廣澤一成 医学書院 2008
歯科国試パーフェクトマスター歯科矯正学 著 清水典佳 鈴木里奈 医歯薬出版 2018

著者/監修者情報

1990年東京都生まれ。2017年鶴見大学歯学部歯学科卒業後、歯科医師免許を取得。同大学歯学部附属病院にて歯科医師臨床研修を修了。診療の傍ら、ワンディー株式会社ではコンテンツの編集を担当。日本医療情報学会所属。

この用語が出てくる記事