インターメディエイトバンド

「インターメディエイトバンド」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

インターメディエイトバンドとは?

インターメディエートバンドとは「中央狭窄部」ともいい、顎関節において関節円板の中央部の厚みが小さい部分のことを指す。インターメディエイトバンドは円板を顆頭上に適切に位置づけ、力を均一に配分する役割をもつ。

「インターメディエイトバンド」の文献・書籍など

【読み】

いんたーめでぃえいとばんど

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年生まれ。千葉県の漁村で育つ。鶴見大学歯学部在学中からアプリやWebサービスの開発を趣味で行う。東京歯科大学大学院博士課程に進学するもお金が無くて中退。2017年にワンディー株式会社を創業。