下顎限界運動路

「下顎限界運動路」とは?歯科用語を解説
2020年02月19日

下顎限界運動路とは?

下顎限界運動路とは、骨、顎関節、歯、筋肉、靭帯などにより規制された3次元的な下顎の限界での運動路のことである。
下顎限界運動路は英語ではmandibular border movement pathという。



下顎限界運動路のトレース

下顎限界運動路のトレースの中でも、切歯点の限界運動路を表示したポッセルトの図形が有名である。
また、ある定められた垂直的顎位における水平面上では、前方・後方・側方の下顎限界迎動路が描記される。特に、後方・側方下顎限界運動路を描記したものはゴシックアーチと呼ばれる。



「下顎限界運動路」の文献・書籍など

【読み】

かがくげんかいうんどうろ

【文献・書籍】

『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.