歯槽堤保存術

「歯槽堤保存術」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

歯槽堤保存術とは?

歯槽堤保存術とは、本来抜歯などにより失われる支持組織(硬組織、軟組織)をコラーゲンや自家骨、他家骨を欠損窩に充填することで可及的に保存する術式である。歯槽堤保存術は、別名でリッジプリザベーションともいう。

「歯槽堤保存術」の文献・書籍など

【読み】

しそうていほぞんじゅつ

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

インプラントの補綴・管理の症例リスト

【転倒によりインプラントプラットフォームがダメになってしまった症例】
元々は摘出予定でしたが、インプラント体は強くインテグレーションしており摘出による侵襲が大きいと判断して術中に患者さんの同意を得て保存的対処を行いました。
最近覚えたての言葉でRST(root submergence technique)とridge preservationという言葉があり、似たようになるかなと期待していました。
2枚目3枚目は処置後1ヶ月の写真です。
ブラッシング時にたまにズキッとした感覚があるとのこと。CTGは望まれませんでした。

1Dでこの症例を見る