自然保定

「自然保定」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

自然保定とは?

自然保定とは、矯正治療で得られた咬合状態が、装置を用いることなく生理的に安定することである。臨床においては、矯正治療後ただちに自然保定に入れることはまれである。通常、器械保定によって支持組織が再構成され、咬合が安定した後に自然保定へ移行する。

自然保定は以下の調和よって起こる。
  • 歯周組織
  • 口腔周囲組織
  • 顎関節



自然保定がなされるための条件

自然保定がなされるための条件は以下である。
  • 歯周組織の順応:歯槽骨、歯根膜線維、歯肉組織の再組織化
  • 口腔周囲筋の順応:頰・口唇圧と舌圧との調和。習癖がないこと
  • 咬合-顎関節の調和:動的治療後の咬合と、顎関節機能とが調和のとれていること
    • 上下顎骨における成長発育のアンバランス・晩期成長変化がないこと


「自然保定」の文献・書籍など

【読み】

しぜんほてい

【文献・書籍】

『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「マルチブラケット」に関連する他の用語