暫間義歯

「暫間義歯」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

暫間義歯とは?

暫間義歯とは、最終義歯を装着するまでのあいだ、機能、外観などの義歯の目的を達成させるために、ある一定期間使用する義歯のことをいう。暫間義歯は仮義歯とも呼ばれる。即時義歯、治療用義歯、移行義歯は暫間義歯に含まれる。 



暫間義歯の目的

暫間義歯の目的は以下の通りである。
  • 外観および咀嚼や発音機能の保持 
  • 咬合高径の保持
  • 最終義歯のための診断

暫間義歯の適応症

暫間義歯の適応症は以下の通りである。
  • 抜歯、歯槽骨整形などで短期間に大きな歯槽骨の吸収が予測される場合
  • 歯周治療、歯内療法などの前処置が長期にわたる場合
  • 若年者のため、固定性補綴装置の適応が不可能な場合

暫間義歯の設計の要点

暫間義歯の設計の要点としては、以下の通りである。
  • 粘膜支持型義歯の設計に準じ、支台歯の負担が軽減されるように,義歯床の面積を拡大する。
  • 義歯調整を容易にするため、支台装置にはワイヤークラスプを用いる。
  • 調整が容易なように、人工歯にはレジン歯を使用する。
  • 生体の変化に対応できるように義歯床にはレジン床を用いる。
  • 義歯の構造はできるだけ単純にする。




「暫間義歯」の文献・書籍など

【読み】

ざんかんぎし

【文献・書籍】

『スタンダードパーシャルデンチャー補綴学 第3版第1刷』, 藍稔ら, 株式会社学建書院, 2016.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「義歯製作」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事