モダイオラス

「モダイオラス」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月18日

モダイオラスとは?

モダイオラスとは、口輪筋を構成している上顎骨体の前面から起こった口もとの表情筋が口角の外方に集まり、 ここで一部の筋束が上下に交差して上唇および下唇に移行するために厚くなった部分で、頬との移行部である。「えくぼ」はモダイオラスのすぐ外側にできる。



モダイオラスの構造

口角筋軸もしくは口角結節ともいわれる。 口角外側部で口裂周囲の筋群(口輪筋、 頬筋、 頬骨筋、口角下制筋、笑筋など)が集束して交錯する部位であり、口唇と頬の境界部に位置して「えくぼ」の形成にも関与していると考えられる。

咀嚼時には頬筋をはじめとする筋群によって位置が固定されるとともに、小臼歯部の頬面に対する強い圧迫点となり義歯の安定に影響を及ぼすため、義歯の設計において考慮される部位の1 つである。歯科では位置の規準としてモダイオラスを用いることが多い。

モダイオラスに集約される筋

モダイオラスに集約される筋としては

  • 頬筋
  • 笑筋
  • 大頬骨筋
  • 小頬骨筋
  • 口角挙筋
  • 上唇挙筋
  • 口輪筋
  • 下唇下制筋
  • 口角下制筋および上唇挙筋
が挙げられる。

モダイオラスと義歯の維持

義歯の維持に関与する筋としては、頬筋、口輪筋、内舌筋、モダイオラスを構成する表情筋群などがあげられる。 これらの筋の特徴は、大部分の筋線維の走行が顎堤とほぼ平行であること、また床縁部に作用しないことである。なお、筋活動により、デンチャースペースの位置や幅など側面全体の形態が変化する。

ただしモダイオラスは下顎義歯においては、小臼歯部が頰側に張り出していると、モダイオラスの緊張する圧で、床が押されて移動してしまうと考える向きもあり議論の的になっている。

上顎の印象辺縁部の厚みは口輪筋と頬筋の収縮力によって影響を受け、口裂周囲に口裂周囲に放射状に広がる表情筋は浅層にあり、通常は印象採得に大きな影響を与えないが、口角モダイオラスを介して印象辺縁形態に影響を及ぼす。

口角モダイオラスは咀嚼や嚥下などの機能時、収束する前方の表情筋と後方の頬筋の緊張によって両方から牽引されて内側に移動し、口角部の歯列を圧迫する。



「モダイオラス」の文献・書籍など

【読み】

もだいおらす

【文献・書籍】

『口腔解剖学 第2版3刷』, 脇田稔ら, 医歯薬出版株式会社, 2019
加地仁, & 歯博第. (2017). 閉口印象と開口印象における印象辺縁形態の比較 (Doctoral dissertation, Tohoku University).
早川巖. (2019). コンプリートデンチャーの人工歯配列―天然歯列に準じた配列―. 日本補綴歯科学会誌, 11(1), 5-13.
高橋健, 加地仁, & 菊池雅彦. (2014). 印象採得時の開閉口状態が印象辺縁形態に及ぼす影響. 東北大歯誌, 33, 81-90.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。