歯冠形成期

「歯冠形成期」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

歯冠形成期とは?

歯冠形成期とは、歯の発生の前半で歯冠部分を形成する過程のことである。歯冠形成期は、開始期(肥厚期)・蕾状期・帽状期・鐘状期初期・鐘状期後期で構成される。



歯冠形成期の開始期(肥厚期)

歯冠形成期の開始期(肥厚期)は、発生第6週に口腔上皮が肥厚する時期である。口腔上皮の肥厚は2列できるが、外周が後の口腔前庭となる唇溝堤で内周が後の歯列となる歯堤である。

歯冠形成期の蕾状期

歯冠形成期の蕾状期は、歯堤が伸長して間葉組織側に陥入していき、その先端が一定の間隔で球状形態を呈する時期である。
蕾状期の歯胚は球状に膨らんだ上皮に間葉細胞が凝集している状態で、周囲の結合組織と歯胚との境界は不明瞭である。

歯冠形成期の帽状期

歯冠形成期の帽状期は、蕾状期の歯胚が大きくなって上皮と間葉が半分ずつを占め、且つ周囲の結合組織と歯胚との境界が明瞭になってくる時期である。上皮部分はエナメル器と呼ばれ、外エナメル上皮・星状網・エナメル結節・内エナメル上皮で構成される。エナメル器は完成歯のエナメル質となる部分である。一方歯胚の間葉組織部分は歯乳頭と呼ばれ、完成歯の象牙質と歯髄となる部分である。
また、完成歯の歯根膜とセメント質を形成するのは帽状期において歯胚を取り囲む間葉組織で、歯小囊という。

歯冠形成期の鐘状期

歯冠形成期の鐘状期のうち、エナメル器を構成する内エナメル上皮が大きく陥凹して鐘状の形になる時期を鐘状期初期という。石灰化が始まると鐘状期後期となる。鐘状期は、エナメル質や象牙質の前駆細胞が明瞭になってくるのが特徴である。




「歯冠形成期」の文献・書籍など

【読み】

しかんけいせいき

【文献・書籍】

『口腔の発生と組織 改訂3版』, 田畑純, 南山堂, 2015

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「アカデミック」に関連する他の用語