中心結節

「中心結節」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

中心結節とは?

中心結節とは、上下顎小臼歯の中央部に認められる円錐状の突起のことである。中心結節の内部には歯髄腔が存在する場合があるため、中心結節が咬合力などによって破折することにより歯髄炎や根尖性歯周炎の原因となることがある。

「中心結節」の文献・書籍など

【読み】

ちゅうしんけっせつ

【文献・書籍】

『歯内治療学 第4版』, 中村洋ら, 医歯薬出版株式会社, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。