根管洗浄

「根管洗浄」とは?歯科用語を解説
2020年02月20日

根管洗浄とは?

根管洗浄とは、根管内の細菌数を減少させることを目的として、根管内の汚染物質を洗浄する根管治療中の術式の一つである。細菌そのものだけでなく、細菌の栄養となる残存した歯髄組織や感染象牙質、スミヤー層なども根管洗浄によって根管内から除去する必要がある。



根管洗浄の目的

根管洗浄の目的としては、以下の点が挙げられる。
  • 根管内の細菌数の減少
  • 根管充填の漏洩の防止
  • 治療後の症状の出現の減少
  • 根尖病変の治癒の促進
  • 根尖病変の治療後の再発の防止

根管洗浄の術式・コツ

根管洗浄の術式やコツについて解説を行う。根管洗浄は、なるべく長時間かけて行い、多量の根管洗浄液を使うのが良いとされている。また、確実な根管洗浄のためには適切な根管形成(十分な根管の太さ、適切な根管のテーパー、根尖孔を大きく拡大しないなど)が必要であることは疑いない。

根尖部の根管洗浄

根管の根尖部は彎曲根管だったり根管形成が不十分であったりなど、根管洗浄が届きにくい部位である。そのため、根尖部の根管洗浄は洗浄が行き届いていないケースも少なくない。シリンジを用いた根管洗浄では洗浄針の先端1~2mmまでしか洗浄が届かないことも多くの文献により示唆されている。



「根管洗浄」の文献・書籍など

【読み】

こんかんせんじょう

【文献・書籍】