金属歯

「金属歯」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

金属歯とは?

金属歯とは、咬合面の一部または全体を金属で製作した床用人工歯である。
金属歯は英語ではmetal toothと呼ばれ、咬合面の一部を金属で制作した人工歯の咬合面はmetal occlusal surfaceと呼ばれる。

金属歯の適応

金属歯は以下の場合で適応である。
  • 上下の顎堤間距離が小さく、既製人工歯が使用しにくい場合
  • 微妙な咬合面形態の追及する場合
  • レジン歯と陶歯との中間の適度な耐摩耗性を求める場合

金属歯の制作方法

金属歯の制作方法は大別すると以下の2つである。
  • 鋳造して製作した自家製の金属歯(主に臼歯に使用されることがある。 )
  • 特殊な理論に基づいて作られている既製の金属歯(乳歯既製金属冠もこれに当たる。)

金属歯のメリット・デメリット

  • メリット
    • 耐摩耗性に優れる。
    • 咀嚼能率が悪い。
  • デメリット
    • 技工採作が煩雑で咬合調整が非常に困難である。
    • 常温重合レジンと接着しない。

金属歯に代わる材料

耐摩耗性に優れ、咬合調整が金属歯より簡単で、審美性の良い、硬質レジン歯が近年は金属歯よりも使用される傾向が高い。




「金属歯」の文献・書籍など

【読み】

きんぞくし

【文献・書籍】

『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.
『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「義歯製作」に関連する他の用語