懸垂固定法

「懸垂固定法」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

懸垂固定法とは?

懸垂固定法とは顎骨の骨折の整復後に行う固定法の一つである。固定法には非観血的固定法と観血的固定法が有るが、懸垂固定法は観血的固定法の一つである。上顎の固定に適応である。



懸垂固定法の適応

懸垂固定法は、上顎のLe Fort 型骨折と下顎骨骨折が併存していて,上顎歯列が固定源として利用でき
ない場合や、上顎の歯の欠損が多く副子を固定できない老人や幼小児の場合に適応になる。

懸垂固定法の術式

懸垂固定法は以下のように行われる。
鋼線を頬骨弓上方と上顎の軟組織内を通過させ、頬側の口腔前庭部に穿通させ、床副子のフックに結紫し、上方に吊り上げるように床副子を上顎に固定する。




「懸垂固定法」の文献・書籍など

【読み】

けんすいこていほう

【文献・書籍】

『イラストでみる口腔外科手術 第2巻』, 日本口腔外科学会, クインテッセンス出版株式会社, 2011.
『標準口腔外科学 第4版第1刷』, 野間弘康ら, 株式会社医学書院, 2015.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語