ミラーテクニック

「ミラーテクニック」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ミラーテクニックとは

ミラーテクニックとは、術前の診査や、術中・術後の確認などにミラーを用いて行われるテクニックのことである。ミラーテクニックは主に鏡視、排除、反射の目的に用いられる。



ミラーテクニックの技法

ミラーテクニックの技法を以下に示す。
  • 鏡視:見えないところを映し出す
  • 排除:頬粘膜や舌を排除する
  • 反射:ライトを反射させて視野を明るくさせる




「ミラーテクニック」の文献・書籍など

【読み】

みらーてくにっく

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年生まれ。千葉県の漁村で育つ。鶴見大学歯学部在学中からアプリやWebサービスの開発を趣味で行う。東京歯科大学大学院博士課程に進学するもお金が無くて中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

その他の症例リスト

ミラーテクニックが身につきません。上顎を削る時直視になってしまい身体を壊しそうです。何か習得出来るコツがありましたらご教授願います。

1Dでこの症例を見る

「その他」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事