トランスロコン

「トランスロコン」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

トランスロコンとは?

トランスロコンとは、小胞体膜に存在するタンパク質通過装置である。リボソームで合成された分泌タンパク質がトランスロコンを通じて小胞内へ移動する。トランスロコン内腔側にはシグナルペプチダーゼが存在し、これによって小胞内に進入した分泌タンパク質のN末端にあるシグナルペプチドが切断される。

「トランスロコン」の文献・書籍など

【読み】

とらんすろこん

【文献・書籍】

『口腔生化学 第5版』, 早川太郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2011

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「アカデミック」に関連する他の用語